艶つや習慣はほくろにも効く!?知らないと損をするかも?

艶つや習慣でイボも取れるなら、ほくろも取れる?

あなたの悩みはどのポツポツですか?

イボのような稗粒腫?それとも、いつの間にか増えてしまったほくろですか?

稗粒腫に効果が期待できる艶つや習慣ですが、実は、ほくろにも効果が期待できる!?

本当に効果を期待することが出来るのか、またそれはどんな効果なのか。

期待も込めて調べてみましたよ。

 

イボとほくろはどんな違いがあるのか

今回はイボ(稗粒腫)と、健康に問題の無いほくろの違いを、比べてみました。

 

  • イボ   皮膚表面に出来る直系1~2㎜以内の角質が入った袋状のもので、顔・首などに出来る小さな粒状のものです。

加齢や紫外線などが原因のターンオーバーの乱れにより、毛穴の奥の毛包という袋に肌表面の排出されるべき角質や皮脂が溜まり、その溜まった物が肌表面に押し出されて出来るもの。

  • ほくろ  20歳以降に出来るほくろは、紫外線などの外部刺激によって表皮奥のメラノサイト細胞が活性化され変化した母斑細胞が集約し出来た良性の腫瘍であり、母斑細胞から大量に生成されたメラニン色素がターンオーバーの乱れから、排出されずにその腫瘍部分に蓄積されてできるもの。

 

双方の原因はターンオーバーの乱れから起きるのですが、イボが表皮の上部で起こる反応である

ことに対し、ほくろは、表皮奥の細胞の活性化によってメラノサイトの変異が引き起こす反応と

いう違いがあります。

 

艶つや習慣の効果はイボだけならずほくろまで!

では、艶つや習慣はほくろに対して効果が期待できるのでしょうか?また、期待できるのであればどのような効果が期待できるのでしょうか?

結論から言えば、ほくろがイボのポツポツのようにポロリと取れてしまうというよりは、ほくろを薄くしたり、出来にくくするという効果が期待できるのです。

 

先ほども書きましたように、ほくろが出来るメカニズムは、イボが出来るメカニズムとは反応が起こる場所、また、メラニン色素を生成するもの自体も、まったく違います。

ただ、紫外線などの外部刺激によって引き起こされ、ターンオーバーが乱れる事によって肌の表面にあらわれているという点は同じなんです。

 

艶つや習慣は、ターンオーバーの乱れを正常に近づけるという効果が期待されている商品です。そして、艶つや習慣にたっぷり含まれている、活性酸素を除去する効果が期待できる成分であるアスタキサンチンを皮膚表面に塗ると、紫外線などの外部刺激によって発生する活性酸素の多くが除去され、ほくろの原因になるメラノサイトの活性化から母斑細胞への変化・集約する事を抑え、母斑細胞からのメラニン色素の生成を減少させてほくろへの色素沈着を抑制する効果が期待できます。

そして、艶つや習慣本来のターンオーバーを整え、お肌に蓄積されたメラニン色素を排出してくれるという作用から、ほくろの色素を薄くするという効果が期待できるのです。

 

イボのように、ポロッと取れてしまうという効果は期待できないかもしれませんが、ほくろが目立たなくなったり、今以上に増やさない効果が期待できるって、凄いと思いませんか?

 

どうですか艶つや習慣は、ほくろにも効果が期待できることがお分かりになったでしょうか?

 

メラニン色素はほくろだけじゃなくシミにもなるって知ってた?

メラノサイトが外部刺激から肌組織を守るために生成するメラニン色素ですが、このメラりニン色素が生成されることによって作られるものには「シミ」もありますね。

 

シミが出来るメカニズムについてお話しましょう。

紫外線を浴びると活性酸素が発生します。(紫外線だけでなく、強い刺激なども同じ反応が起こります。)

紫外線を浴びる事で、メラノサイトが活性化をするための情報伝達物資が作り出されます。

肌の色を濃くするメラノサイトに肌を守るために『肌の色を濃くしてください』という指令が送られてしまうのですね。

情報伝達物質によりメラノサイトが刺激され、指令を受けたシミの元である「チロシナーゼ」という酵素が活性化します。

活性化したシミの元のチロシナーゼは、物質を酸化させて「メラニン色素」という黒褐色の物質に変化させ、肌を褐色にする事で肌内部の組織を守ります。この、働きがターンオーバーの乱れから排出されずにお肌に残ってしまうのが「シミ」なんです。

 

紫外線の刺激を受けたメラノサイトが母斑細胞に変異し、そこから生成されるメラニン色素が母斑細胞に集約されてできるのが、ほくろ。

紫外線の刺激を受けたメラノサイトが、直接生成されたメラニン色素が排出しきれずに肌表面に残ってしまうのが、シミ。

 

「シミ」は肌を守るために生成されたメラニン色素が排出されずに残った物なので、ターンオーバーを整え肌本来の排出機能を高める効果が期待できる艶つや習慣でのお手入れで、シミを薄くしたり、艶つや習慣にたくさん含まれるアスタキサンチンなどの抗酸化作用成分が、お肌への刺激を肌内部に伝える事を防いでくれるので、新たなシミを作らないという効果が期待出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です